スタミナカレーで暑い夏を乗り切る

暑い日が続くと、食事は喉の通りが良いもので、どうしても水分の多い冷たいものが主流になってしまいます。
しかし、そのような食事ばかりだと、どんどんスタミナが落ちて行ってしまいます。

土用の丑の日は鰻を食べますが、それ以外の日にもできるだけスタミナ食を摂りいれたいものです。
そこで暑いですが、久しぶりにカレーを作りました。

暑い時こそ、暑いものが食べたくなることがあります。
カレーはその代表格とも言えるかもしれません。
カレーはいつの季節に食べても美味しい人気のメニューです。

私の家では辛いものが苦手な家族がいるので、甘口でカレーを作った後に、お好みで辛さを足したりしています。
甘口といえどもやはり辛みがあるので、さらに砂糖を加えたりしています。

普段は臭いが気になるので、ニンニクを入れないのですが、今回はスタミナ重視でたっぷりとニンニクを入れてみました。
食べ物が傷みやすい季節なので、食べきれる量にしました。

夏は食事の保存期間が短いので、すぐに食べきるか、もしくは冷凍保存で対応するしかありません。
冷蔵保存をしていても、扉を開ける頻度が多いと、冷蔵庫内の温度が上がってしまい、物が傷みやすくなります。

なので、おかずを作っても長時間冷蔵保存できない場合もあります。
また、いつもよりも食品のチェックも厳しくなります。

冷凍や冷蔵保存をしても傷んでしまう食品もあるからです。
特に生ものは傷みやすいので、特に気をつけてチェックするようにしています。

自分で食事を作っていなかった時は、食べ物に関しても無頓着なことが多かったように思います。
しかし、今ではそれではいつ食中毒に遭ってもおかしくないので、自分の野生の勘を働かせて、食品の状態をチェックするようにしています。
今年の夏は例年よりも長そうですが、夏バテ対策をきっちり行い、元気な夏を過ごしていきたいです。

エストロゲンを増やすには!エストロゲンが不足、少ない?

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !